フラット アース。 英語圏では、フラットアースの議論が混沌としています。日本では、ほぼまったく...

earthworms(アースワームズ) / フラットシーリングカバー / コード吊りペンダント専用(要電気工事)

フラット アース

俺は否定も肯定もしない。 net そうだと思えたらそうだと思うし、そうじゃないと思えたらそうじゃないと思う。 フラットかスフィアかなんてどっちでも良いし、実際はそのどちらをも行き来してるかも知れない。 一つだけ言えることは、常識を一度破壊してありのままを受けいれろ。 それだけだ。 net フラットアース 地球平面説 が浸透すれば 蛇に魂売った連中組織のそうとう深い部分から ちゃぶ台返しになるからな トカゲのしっぽ切りではすまんぞ お前ら蛇組織のそうとう上層部までの闇が明るみに出る。 逃げ場無いぞ早いうちに改心することだな。 66 ID:p6IoVasP0. 93 ID:XdEPO2a80. 56 ID:LSFNscBA0. net フラットを説明することができた瞬間、フラットは嘘となります。 98 ID:LSFNscBA0. 62 ID:5YumnFBJ0. net フラットアーサーって無駄にカッコいいな。 61 ID:5YumnFBJ0. net まあこんなに馬鹿馬鹿しい事をここまで屁理屈捏ねて論理を積み重ねて行くその努力は凄いなと思う。 良く自分で馬鹿馬鹿しく成ったり虚しく成ったりしないな。 01 ID:UqUUwCtp0. 57 ID:XdEPO2a80. 48 ID:hxWdzuzj0. net マンデラエフェクトの世界線移動で言うと心からフラットアースを信じるならその世界線になってしまうと思う。 53 ID:LSFNscBA0. net その太陽は特定の方向にのみ光を放つ性質を持っています。 46 ID:1xdUQ8JN0. 90 ID:aG6Xh8er0. net 27: 2 フラットアースエビデンス 「太陽、月、星について。 76 ID:SzVoyIUE0. net どう考えてもそうは見えねえよ馬鹿。 82 ID:87L9HPDo0. 46 ID:LFWr8BPo0. net ニューワールドオーダーが実現したら、彼らは恐らく、フラットアースを広めるんだろうな。 学校で教えるんだろうな。 net そして愚民化させて完全に支配するんだろうな。 net その為の布石を今から打ってるんだろうな。 77 ID:mEQNyWx60. 01 ID:JnNpvO0e0. net 眼は丸いから丸く見えるのざぞ。 この道理わかりたか。 18 ID:K7DwwElh0. net 石板のような地球が宇宙で自転しているのです。 吹いているとしたら、どんな物理的法則によりそこだけ逆に吹いてるんだよ。 net しかし、見て損したわ。 3行で済む簡単な話しじゃんか。 ジェット気流が逆に高速で吹いてるから矛盾が生じない、と言う簡単なことを、延々と時間を取られたわ。 はぁ、苛々する下らん動画だったわ。 13 ID:XGXcVRQp0. 89 ID:QsoUJ8Ka0. 25 ID:uxuWQweg0. 72 ID:gm1kdITU0. net リコーのシータ風船に乗せてみたいな 21 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の

フラットアースの真実がここに、地球が平らと信じる者にこれを見せよ

フラット アース

地球平面説(フラットアース)とは? 地球平面説 フラットアース とは、読んで字のごとく、地球が実は平面であったという説です。 地球平面説において地球は、北極を中心に、 ドーム状の形をしているとされています。 そのほか、地球平面説における地球の特徴は、以下のとおりです。 地球の周りを氷の壁が囲っており、それが南極である• 太陽と月の大きさは同じで、両方とも直径にして51kmほどである• 太陽と月は地球から同じ距離 4800Km に存在しており、24時間周期で回っている• 地球の底部分が何でできているかについてはまだ不明である• 地球に重力は存在していない• 地球は常に上昇を続けているため、それが重力と誤認されている• NASAや政府は、なんらかの理由で地球平面説を隠している• 北極と南極がどこの国にも属さないのは、地球平面説を隠し通すため これが、地球平面説における地球なのだそうです。 私たちが常識として教えられた地球の知識とは、大きく食い違っているのが分かりますね。 地球平面説 フラットアース はなぜ未だに主張されるのか? 地球平面説が未だに主張されるのには、 5つの理由があります。 地球平面説には200もの証拠がある• 地球平面説は聖書に基づく• 地球球体説はNASAの陰謀だった• 南極の上空は飛行機のルートにすることを禁止されている• 実際に地球に住んでいて球体であるという実感を持てない それでは、詳細を見ていきましょう。 主張の理由1. 地球平面説 フラットアース には200もの証拠がある 実は地球平面説には、 200もの証拠があると言われているのです。 その200の証拠は、エリック・デュベイ氏の書いた「アトランティスの陰謀」に記されています。 地球平面説を掲げる人は、この200の証拠を重要視しているのです。 ただ、この「200の証拠」は、あくまでもエリック・デュベイ氏の主観で書かれています。 また、完全に地球球体説を論破できるようなものではありません。 そのため、「アトランティスの陰謀」に書かれている200の証拠は、「地球平面説の証拠」というよりは、「 地球平面説の根拠」として捉えた方が良いですね。 主張の理由2. フラットアースは聖書に基づく 実は地球平面説は、 キリスト教の聖書に書かれているという説があります。 そのため、多くのキリスト教徒が、この聖書を証拠として、地球平面説を信じているのです。 彼らの理屈で言えば、地球球体説で宇宙に当たる場所には、神話の世界が広がっているといいます。 人間が神の場所に足を踏み入れてはいけないので、宇宙飛行士などは、神の意思と力によって地球が球体だと誤認させられているのだそうです。 ただ、実は聖書には、 地球平面説がはっきりと明記されているわけではありません。 さらに、聖書の解釈次第では、むしろ地球球体説が書かれているのではないか、という人もいます。 結論を言えば、この聖書という根拠も、地球平面説を支える証拠としては弱い印象ですね。 主張の理由3. 地球球体説はNASAの陰謀だった 地球球体説はNASAの陰謀で、 NASAの発表には不自然な点が数多くある、という理由で地球平面説を主張する人も多いです。 何かと陰謀論に取り上げられるNASAですが、地球平面説の方々が主張する陰謀には、下記のようなものがあります。 アポロの月面着陸は嘘であり、地球球体説を信じ込ませるためにフェイク映像の撮影が行われた• NASAから提供された地球の画像において、2007年と2012年でアメリカの大きさが何倍にも膨れ上がっている• ロズウェル事件でNASAが宇宙人 とされているもの を確保している• ケネディ大統領が暗殺されたのは宇宙の真実を公表しようとしたから とくに、 アポロ月面着陸の陰謀説は有名ですね。 アポロ月面着陸の映像が嘘だったという話には、有力な根拠もたくさんあります。 背景の使いまわしがされている• 宇宙船と影の位置が矛盾している• 最初に月に降り立ったニール・アームストロングが宇宙船から下りてくるのを外側 月面 から撮影している• スプーンなど、月にはあり得ない映像が紛れ込んでいる• 宇宙服のガラス面に撮影スタッフの影が映り込んでいる• 嘘映像をねつ造したという人物が名乗りをあげている• そもそも時速4800Kmで動く月に着陸するのはとんでもなく困難である 練習も不可なのでぶっつけ本番! このような根拠から、アポロ月面着陸は嘘だったと言われているわけです。 ところで、本当にアポロ月面計画がねつ造だったとして、 なぜNASAはそんな嘘を吐かなくてはいけなかったのでしょうか? その理由こそが、地球平面説で見た南極の外にあるのではないか、と言われています。 主張の理由4. 南極の上空は飛行機のルートにすることを禁止されている 実は、北極の上空は飛行機が通るのに、 南極の上空だけは飛行ルートにすることを禁止されています。 表向きは「南極には飛行場がなくて危険だから」と言われていますが、それは飛行場を作ってしまえば済む話ですよね? しかし現状、そうはなっていません。 それどころか、南極大陸への干渉は、「南極条約」によって不自然なまでに制限されています。 地球平面説を主張する人は、その理由こそが「 南極は地球の端にあるため、不用意に近づかれては困るからだ」というのです。 つまり、多くの国の政府が南極大陸の果てに何かを隠している、と主張しているわけですね。 この南極大陸飛行禁止の件ですが、必ずしも地球平面説と繋げることはできません。 しかし、ここまで南極に対する干渉を制限されては、「南極大陸に何か秘密があるのだろうか?」と考えざるを得ませんよね。 ちなみに、地球平面説を支持している地球平面学会 The Flat Earth Society のメンバーが、 南極に調査隊を派遣することを発表しています。 目的はもちろん、地球平面説を証明するために、世界の端を見に行くことです。 この調査計画は、「コペルニクス・プロジェクト」と命名されました。 「コペルニクス・プロジェクト」次第では、もしかすると地球平面説に新展開があるかもしれません。 主張の理由5. 実際に地球に住んでいて球体であるという実感を持てない 「 実際に住んでいる我々が、地球が球体であると感じられない」というのを根拠に、地球平面説を唱える人もいます。 というより、これが1番大きな理由で地球平面説は主張されているようです。 彼らは、実際に住んでいて地球が丸いなんて実感したことがないのに、政府やNASAの言葉だけで地球が球体だと信じるのはおかしい、というのです。 たとえば、アメリカのアトランタ出身のラッパー「B. 」も、ツイッターで地球平面説を主張しています。 彼もまた、地球が丸い実感がないことを疑問に思って発言しているのです。 よく考えてみれば、仮に私たちも、地球が球体であると教えられていなけば、地球平面説の支持者と同様に、地球は平面だと考えていたのではないでしょうか? 少なくとも、事前知識なしの状態なら、それが1番自然な考え方ですよね。 【まとめ】私たちは地球が球体だと教えられただけ? 今回は、地球平面説 フラットアース についてお話をしてきました。 地球平面説によると、 地球は北極を中心にドーム状の形をしており、1番外の部分に南極の氷が壁として存在していると言われています。 現在、地球は球体である、という説が常識であり、地球平面説なんて口にしようものなら、正気を疑われてしまうレベルです。 しかし、それでもなお、地球平面説を信じている人は数多くいます。 彼らは、 5つの根拠を基に、地球は平面であると主張するのです。 地球平面説には200もの証拠がある• 地球平面説は聖書に基づく• 地球球体説はNASAの陰謀だった• 南極の上空は飛行機のルートにすることを禁止されている• 実際に地球に住んでいて球体であるという実感を持てない よくよく考えてみれば、私たちは、 直接この目で、地球が丸いという証拠を見たことがありません。 宇宙飛行士でもない限り、写真や映像は見たことがあっても、実物を見たことはないはずなのです。 つまり、私たちが持つ「地球は丸い」という常識は、 あくまでも教え込まれただけのものだということですね。 もちろん、教えられた知識だからといって、それが嘘であるとは限りません。 正直、「なんだかんだ言っても地球は丸いんだろうな」というのが私の意見です。 しかし事実、私は地球球体説を確信するような材料を、今のところ持ってはいません。 それを考えると、「地球平面説は嘘だ」とはっきり決めつけることもできませんね。 【オススメ記事】自分らしく生きるための方法 自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない… 自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい… そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか? 私たちの人生をコントロールしているのは、意識の 97%を占める「潜在意識」であると言われています。 たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません… 反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。 「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは? 続いて読みたい記事: -.

次の

地球平面協会

フラット アース

Flat Earth Societyのロゴマーク, Wikipediaより 70年代~80年代のオカルト・SFブームの頃には、だいぶ盛り上がったみたいですが、その後、一時はほぼ活動休止状態にあったようです。 ・・・・・・・・・・ 最近の潮流 しかし2000年代に入って、再び地球平面説が盛り返すようになってきました。 彼らに共通する、理論の根拠はこのようなものです。 遠くを見渡した時、すべて平らで、地平線も直線に見える• もし地球が球体なら、マンハッタンのビル群が傾くはず• 何百万光年も離れた太陽の光が直射する• 飛行機が無事着陸できる なおセオリーの詳細は、以下のサイトで詳しく説明されています。 ・・・・・・・・・・・ 真実とは何かということ 彼らの主張を受け入れられるか、頭が拒絶してしまうか。 考えてみれば、地球が丸いというのも、実は地球が平らだというのと同じくらいの有効性しかないのかも知れません。 どちらも自分で経験した事実ではなく、誰か他の人による、意見なり視点です。 地球球体説の方が、より多くの支持者と科学的根拠を得ている。 そう思う人もいるかもしれません。 でも量子物理学のパラレルユニバース理論では、ほぼ無限の可能性がある訳で、信じるなら三角形の地球だって存在することになります。 まあ、いずれにせよ、アタマを揺さぶられる話です。 脳みそのエクササイズですね。 そういうのは、どんどんやらないと。 Bは、最近のラッパーの中では割と売れっ子というか、ブルーノ・マーズとかとも一緒にやってるメジャーどころです。 日本だと、誰辺りに相当するんですかね。 ティラはAKBみたいな感じです。 Follow me in social media:•

次の