現代のもののけ姫 原因。 「ハンセン病」は実話だった!?もののけ姫に登場するエボシの役割

もののけ姫のサンはなぜ山犬に?捨てられた理由は?母親はエボシ!?

現代のもののけ姫 原因

Contents• もののけ姫の時代背景 セリフにヒント 大和との戦に敗れ、この地にひそんでから500有余年。 今や、大和の王の力は萎え、将軍どもの牙も折れたと聞く。 だが、我が一族の血もまた衰えた。 このときに、一族の長となるべき若者が西へ旅立つのはさだめかもしれぬ。 そしてここで注目したいのがエボシの武器。 そう鉄砲である。 鉄砲の伝来は1543年である。 そう考えると「500有余年」を逆算すると アシタカの先祖がいたのは1000年代、11世紀頃だったと思われる。 何時代なの? 参照: 11世紀というと時は平安時代である。 そして「大和の戦」は 11世紀の前九年の役 1051-1062 、後三年の役 1083-1087 を指すものだと思われる。 この頃は大和が東北地方まで乗り込んでいた記述が残されている。 この戦いの地理こそアシタカがアイヌ民族なのかどうかがわかるヒントが隠されている。 アシタカはアイヌの人なの? 結論からいうと蝦夷は江戸時代まで下ると北海道のことを指すがアシタカの時代背景を考えると 関東〜東北地方を指すものと思われる。 これでアシタカがアイヌで北海道にいた場合、ヤックルレベルの動物では海越えは不可能であろう。 しかし、時代背景を背景を考えると、 アシタカが存在したのはどんなに解釈を広くとっても関東〜東北なのでアイヌではないと思われる。 大和との戦いに敗れたことからアシタカは東北の人でアイヌではないと考えられる。 アシタカが生きた時代は過酷だった 平均寿命が50歳を超えたのは20世紀の戦後からだっという事実はご存知だろうか。 現代は男性80歳、女性88歳まで伸びている日本であるが実はこれには数字のトリックがある。 平均寿命とは「0歳が平均であと何年生きられるか?」を示すものであるので、小さい子供が死亡率が高いと平均寿命を一気に縮めることになる。 少しタイムラグはあるが江戸時代の平均寿命は30-35歳くらい。 そして成人以降は抵抗力がつくことを考えるといかに幼い子供の死亡率が高かったことは想像に難くないだろう。 そして栄養状態もよくなかったので男性は平均155-160cm程度、女性は145cm前後だったと考えられる。 参照: アシタカの身長も周囲のものからの比較で160cmくらいだったと推測される。 まとめ 1. アシタカが生きた時代を考察すると16世紀だったと思われる。 この時代の「蝦夷」は北海道ではなく、東北を指していた。 蝦夷が北海道を指すのは江戸からだが、そこが誤解されてアシタカがアイヌ民族と思われていた可能性が高い。 アシタカが生きた時代は幼い子供の死亡率が高く大変な時代だった。 アシタカの身長は160cm前後と考えられる。

次の

現代のもののけ姫Maco(渋谷真子)の事故・原因や年齢などのプロフィール!炎上理由についても!|YouTuber Navi

現代のもののけ姫 原因

この記事で分かること• もののけ姫には「タタラ場」で働くハンセン病らしき人々が… もののけ姫と言えば、自然を破壊して鉄を作る村の住民。 そして、自然を破壊された森の動物や神々との戦いをベースに話が進んでいきます。 村を治める女性・エボシ御前の恐ろしさは何回観ても慣れないものがありますよね…そんなエボシ御前が統治する村「 タタラ場」では、 ハンセン病患者が働いているというのです。 森を切り開いて山を削り、鉄や武器さえも作る タタラ場。 もののけ姫の世界ではこれこそが騒動の原因となりますが、そこには「ハンセン病」の患者と思しき村民たちが働いていると言われています。 「ハンセン病の患者」とはっきり表現されることはないものの…タタラ場で働く村民たちは顔に包帯を付けていたりどこか悲しげな表情であったりと、あまり明るい様子ではありません。 そして顔に包帯をしているのは「ハンセン病によって、 歪んでしまった顔の部分を隠すためではないか」との指摘もあります。 また、タタラ場で働く村民たちは外に出ることすらなく、その場でずっと年月を過ごしているようです。 「ハンセン病」は感染の危険がある病気のため、タタラ場はハンセン病の患者を一般社会から寄せ集めて「 隔離した場所」という意味にも取れるとのこと… ちなみにタタラ場には、女性の村民もいます。 本来なら立ち入るべきではない所に女性がいるだけに、やはり病気に関する理由があるのかもしれません。 「エボシ御前」はハンセン病患者たちの恩師? もののけ姫のヒロイン、サンの敵役として出てくる「 エボシ御前」。 先述の通り、もののけ姫を観るたびにその恐ろしい野望には背筋が凍るような想いですが… タタラ場で働くハンセン病の患者にとっては、彼女は恩師そのものという見方もできるのです。 ちなみに、もののけ姫の時代設定は「 室町時代」だとされています。 Sponsored Link ハンセン病自体の概念は奈良時代からあるようで、かなり古い歴史を伴った認識がされていますが… 近代までを振り返るとハンセン病の患者は社会から区別され、隔離病棟でのひどい扱いを受けていたのです。 その背景は今なお、社会問題として大きく取り上げられるほど深刻なもの。 ともすれば、タタラ場で働く村民は確かに隔離されてはいるものの、仕事を与えられて 社会の役割をきちんと果たせる身分は得ているのです。 普通であればただ隔離され、生きがいを与えられずに人生を送る患者も少なくないだけに、エボシ御前は彼らに 生きる目的をきちんと授けていたわけです。 現にもののけ姫の劇中には、エボシを「 どこにも行けない自分たちを助けてくれた」と慕う女性が登場していましたね。 確かにハタから見れば自然を壊したり、その冷徹な様子に周りから恐れられているエボシ御前。 が、実は村民たちにとって恩師的な存在であり、厚く尊敬される側面も垣間見えるのです。 ただし、タタラ場自体の労働環境は大変に厳しいもの。 外出できない村民たちは飲食以外に娯楽を楽しむ余裕もなく、 外部の人間と触れ合って話すなどもってのほか…といった様子です。 そんな背景からエボシ御前は、村民たちにとって理想的なリーダーではなかったと疑問視する声もあり、確かに従業員を預かる経営者としては決して評価されるべきものではない… との見方がないわけでもありません。 また物語においてタタラ場は「 悪の象徴」として存在しているだけに、ハンセン病の患者たちは決して良い扱いはされていないとも見てとれます。 しかしタタラ場では衣食住がきちんと保証されていますし、きちんと仕事をしてさえいればひどい扱いを受けることはありません。 完全に理想的とは言えないまでも、現場の村民が語るとおりエボシ御前は彼らにとっての 恩師と言っても過言ではないでしょう。 「もののけ姫」の影に潜むハンセン病…宮崎駿が公式に認めていた ここまで、もののけ姫とハンセン病の患者の関係性についてお話ししてきましたが…決してスタジオジブリや映画のパンフレット等で公式に語られている話ではありません。 ただ、監督を務めた宮崎駿がとある講演で「ジブリアニメを通して、 そうした病気を持つ人たちを知って欲しかった」と語っていた点は見逃せないところです。 またスタジオジブリから発表される作品はどれもメッセージ性が強烈なため、確かに「もののけ姫」とハンセン病に関連性があってもいささか不思議ではありません。 ましてや、監督が直にコメントしていたので尚更… 物語にハンセン病の患者を登場させたのは、何か 意味があってのことでしょう。 以上、もののけ姫とハンセン病の繋がりについてお話ししました。 常にメッセージ性の高い作品を世に出してきたジブリだけに、未だに「もののけ姫」のTV視聴率が高いのにも頷けます。

次の

現代のもののけ姫Maco(渋谷真子)の事故・原因や年齢などのプロフィール!炎上理由についても!|YouTuber Navi

現代のもののけ姫 原因

あらすじ 古の日本が舞台となる『もののけ姫』は、アシタカの故郷であるエミシの里をタタリ神が襲うシーンから始まる。 里を守るため、決死の覚悟でタタリ神に矢を放つアシタカ。 しかし、タタリ神を殺めるも、腕に「死の呪い」をかけられてしまった。 老巫女のヒィ様に占われ、自らの呪いを解く鍵を探すために西へ旅立つ決心をするアシタカ。 その先に待つのは、「 シシ神の森」と呼ばれる深い森であった。 太古からの生命を宿し、もののけたちが今もなお生きる森。 しかし、その森を脅かす人間たちの存在があった。 人間と森との争いの地で、「死の呪い」の原因を知るアシタカ。 山犬の姫であるサンとの出会いから、人と森とが共存できる道を問う、神秘の物語である。 『もののけ姫』の深すぎる名言集 古の日本を舞台に描かれているはずなのに、 現代にも通ずる「問題」と「名言」の数々。 『もののけ姫』は、 宮崎駿監督からのメッセージ が否応なしに伝わってくるような偉大な作品のひとつと言っても過言ではありません。 そんな今作の、10選を選ぶのが惜しいほどに散りばめられた深いセリフの中から、 より深く考えさせられてしまう名言 を厳選して紹介いたします。 だが、ただ待つか自ら赴くかは決められる」(ヒィさま) 出典: タタリ神を殺めた際、腕に呪いを受けたアシタカへ、エミシの里の老巫女であるヒィ様から贈られた言葉。 ヒイ様の占いとこれらの助言を受け、アシタカはその呪いを解く術を探すため西に赴く旅を決意します。 運命に負けない強さを、そして前を向く力を、私たちにも与えてくれるような名言です。 そこで繰り広げられたサンとエボシの一騎討ちの際に、ふたりを止めに入ったアシタカがエボシに向けて発したセリフと、それに返答するエボシのセリフ。 もののけ姫では、誰かが完全なる「悪」として表現されるのではなく、それぞれの役回りからの複雑化された視点によってストーリーが展開されています。 これは現実世界でも同じであり、それぞれの立場によって異なる善悪があり、双方の心に異なる「夜叉」がいることを暗示するような深い名言です。 世を呪い、人を呪い、それでも生きたい」 自身に「死の呪い」をかけたタタリ神の原因が、エボシ率いる石火矢衆から放たれた銃弾であったことを知り、アシタカはエボシへの怒りを露わにします。 その際、石火矢の開発者としてエボシから守られ、看病されている病者たちの長がアシタカを宥めるために発したセリフ。 病と闘い、死に犯されながらも「生きたい」と願う辛さ。 通常の人間からは想像しがたいほどの苦悩の中から生み出されたであろうこのセリフは、まぎれもなく深すぎる名言と言えるでしょう。 そなたは美しい」(アシタカ) 出典: 作中でもっとも有名と言っても過言ではないこのセリフ。 タタラ場でのサンとエボシの戦いを止め、サンを気絶させて連れ出したアシタカでしたが、彼女を担いでタタラ場を立ち去る直前に銃弾により負傷し、倒れてしまいます。 そしてサンが意識を取り戻し、弱ったアシタカの首にナイフを突きつけた場面でこの名言が生み出されました。 思わぬ言葉を受けたサンは、思わず後ずさり、ナイフを背けます。 「生きろ」と「美しい」のもつ意味に魅了されてしまうような、言わずもがなな深い名言ですね。 「死の呪い」による痛みにうなされて目覚めたアシタカがモロのもとへ起き出した際の対話の中でのセリフです。 サンは一族の娘として森と生き、森とともに滅びる運命だと語るモロに対し「あの子を解き放て! あの子は人間だぞ!」と怒りを露わにするアシタカに向けてモロが一喝した言葉。 このシーンで、森を破壊する人間たちのわがままによってモロにならざるを得なかったサンの生い立ちが明らかになります。 そこには、悲しすぎる山犬の姫を誰よりも想う、母としてのモロが存在しました。 その壊滅状態になったさまを見て、川の中から甲六(夫)が「もうダメだ」と言った際にトキが放ったセリフです。 絶望的なシーンで生まれたこのセリフには、今を、そしてこれからを生き抜く力が力強く込められています。 その際、首をシシガミに返すべくジコ坊の前に立ちはだかるサンとアシタカに対して向けられたジコ坊のセリフ。 この一節に、欲深い人間の姿がありありと表現された名言です。 人の業に堕ちないためにはどうあるべきか……そんなことを考えさせられてしまいます。 でも、人間を許すことはできない」(サン) 出典: アシタカと共にシシ神に首を返し、新しい森の生命が芽吹き出したシーン。 そこでアシタカの「死の呪い」が癒された後にサンがアシタカに伝えたセリフ。 人間を許すことはできないが、アシタカという人物が確かにサンの心を癒したと理解できるようなひと言です。 サンからアシタカへ向けられた愛情深い眼差しが印象的な名シーンとなっています。 そして、このセリフは次に紹介するもうひとつの名言を引き出すこととなります。 サンは森で、私はタタラ場で暮らそう。 共に生きよう。 会いに行くよ。 ヤックルに乗って」(アシタカ) 出典: 上に挙げたサンのセリフに続くアシタカのセリフ。 「死の呪い」が癒された後も、サンの側に残りタタラ場で生きることを宣言したアシタカ。 森と人間との架け橋となるであろうふたりの誕生は、清々しく希望に満ちた名場面です。 人間を許すことはできないと断言するサンさえも、大きく包みこむほどの包容力のあるセリフにグッときます。 ここをよい村にしよう」(エボシ) 出典: アシタカとサンによってシシ神の首が返され、そこから生み出された突風によって新しい森の命が芽吹いた印象的な美しいシーンのあと。 崩壊したタタラ場と、その民衆たちに向けてエボシが言いました。 モロによって片腕を失ったエボシが、なんとも言えない晴れやかな表情で発したこの言葉は、森と人にとって少し明るい未来を感じさせるような深い名言といえます。 まとめ 出典: 名言満載の本作品で、厳選に厳選を重ねた深い名言集。 あなたの心にはいくつ刺さりましたか? 宮崎駿監督からのメッセージが、どのセリフにも散りばめられていましたね。 キャッチコピーにもなっている「生きろ。 」というテーマ。 『もののけ姫』は、それがありありと感じられる最高傑作です(言い切ります!! それだけに、いつの時代にも立ち止まって考えさせられてしまうようなセリフばかりの登場となりました。 以上、もののけ姫の深すぎる名言厳選10選でした!.

次の