Question: 企業は個人的な怪我をすることができますか?

事業があなたの怪我をしたり、怪我をした根本的な事故を法的責任を負っている場合 - 通常、会社自体に対して個人傷害訴訟を提出することができます(または3人目のものを作る - パーティー保険は保険会社に対して請求します。

企業のための企業を訴えることができる?

民間の傷害;職業責任;専門の悪影響;施設責任侵害違反違法;迷惑な迷惑な名誉毀損;他のアイテム...•2021年1月7日

誰かがあなたのビジネスで怪我をしたら何をすることができますか?

従業員が仕事でけがをした場合にあなたがする必要があるものです:ステップ1:即時の診察を受ける。 ...ステップ2:請求を報告する。 ...ステップ3:雇用者の事故の報告書を提出する。 ...訴訟に直面しています。 ...ステップ1:事故が発生した地域を点検します。 ...ステップ2:あなたの会社のプロトコルに従ってください。

企業は訴訟?

各企業は別の法人です。それはそれ自身の名前で契約に入る必要があり、それはそれ自身の名前で訴えられるか訴えなければなりません。当事者がALTER EGOを通じて企業ベールを「貫通することができると、この一般的な規則に例外があるが、一般的な規則はより一般的な状況です。

企業を訴えるのはどれほど難しいか?

メジャーコーポレーションを訴える課題のうち、あなたがあなたの訴訟を証明するために十分な文書化が必要なことです。ドキュメントを得るために、タイムスタンプとできるだけ多くの写真を撮ること、適用される医学的または財務記録を集めてください。

企業を訴えるときに誰が役立ちますか?

企業やその他の事業を訴えている場合は、一般的に「登録エージェント」と呼ばれる人に奉仕する必要があります。すべての企業、限られたパートナーシップ(「LPS」)、および限定責任会社(「LLC」)は、訴訟のサービスを受け入れるための代理人を指定するための法律によって義務付けられています。

Join us

Find us at the office

Thirtyacre- Bratton street no. 4, 93482 Kampala, Uganda

Give us a ring

Jaime Marraccini
+91 535 560 373
Mon - Fri, 8:00-18:00

Say hello